山松水産 マグロ水揚げ量全国No.1の焼津を拠点に、水産加工・販売・冷凍保管を行っております!

  • 山松水産とは
  • 会社概要
  • 事業案内
  • 極味の先へ
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ > 山松水産の商品案内 > 珍味 いかガーリックオイル漬・いか軟骨香味漬け

お買い得品!!  いかガーリックオイル漬け・いか軟骨胡麻香味漬け 

いかガ-リック軟骨セット

 塩辛の歴史は「平安時代末期から」。その歴史・伝統に現代風のアレンジが加わり、酒肴としてや箸休めだけでは
 なく、単なる塩辛の領域を超えた新時代の食べもの。新しい塩辛文化の始まりです。
 食べ始めたらとまらないほどのおいしさは、現代人の嗜好に合わせた“ネオ塩辛”です。料理に使ったり、白ワイン
 に合う「ガーリック」、日本を代表する食材「胡麻」の風味が食欲をそそる塩辛は常識を覆します。
 今回は全く違う味わいのを楽しめるセットを用意しました。肉厚のいかにラー油が効いている「いがガーリックオ
 イル漬け」と知る人ぞ知る珍味、いかの軟骨のこりこり感がたまらない「いか軟膏胡麻香味漬け」の2種類をお届
 けします。
 一般的な塩辛との違いは「内臓」を入れていないこと。
   チェック塩辛特有の「あの感じ」は全く感じません。

  塩辛が嫌いと言う方のほとんどは、きっと、あの独特な味が苦手・・・あの独特の味の正体は一体なに?
  それは、内臓系が発酵したもの。塩辛好きにはたまらない味ですが、苦手な方は・・・

今回お届けする商品は、内臓系は一切入っておりません!


肉厚のいかと軟骨をオリジナルの香味を漬けた新感覚の食べ物です。
保存食用としての塩辛とは商品コンセプトが異なります。

 塩辛は、魚介類の身や内臓などを加熱すること無く塩漬けにし、素材自体の持つ酵素及び微生物によって発酵さ
 せ、高濃度の食塩により保存性を高めた発酵食品です。発酵食品は近年、その効果が注目を集めています。
 どちらかと言えば年配者に好まれるイメ-ジがあります。保存食と言うイメ-ジが強い塩辛ですが、新たしい食
 べ方も提案されております。ポピュラーなのは「じゃがいもの上に塩辛を乗せてオ-ブンで焼いた」ものなどが
 あります。じゃがいもの「ほくほく感」と塩辛のテイストがマッチして居酒屋さんのメニュ-のも定着していま
 す。若者たちには敬遠されがちな塩辛をアレンジした新感覚の食感と香味は、今、注目のアイテムです。




ペペロンチ-ノ

 ガーリックオイルはオイル(食用油)にガ-リックを加え、じっくり加熱しまて作ります。ガ-リックの風味がほの
 かに香る程度のオイルです。どちらかと言えば、味の決め手は「ラー油」と言う方もいます。おつまみとして、そ
 のまま食べれるのはもちろんですが、料理に使ってもおいしくなります。
 いかは甘味が強く、肉厚でありながら柔らかい!イタリアンでも和食でも相性はバッチリです。弊社がお勧めする
 食べ方はワイン・チ-ズに合わせて前菜としてクラッカ-に乗せたり、いかガ-リックパンやカナッペなど贅沢な
 おつまみやパスタ・チャ-ハン・サラダに加えてグレ-ドアップなど、料理の幅もどんどん広がります。いかガー
 リックオイル漬けをそのままフライパンで焼きますと、昔懐かしい屋台の「いか焼き」のようなよい香りが広がり
 ます。こんな食べ方もお勧めです。いかの甘味と柔らかい身質にガーリックオイルが絡み合い新しい食感の味わい
 です。


ソデイカ  使用原料は「沖縄産のソデイカ」です。沖縄では「セイイカ」と言う名称
 で親しまれております。築地では「あかいか」と呼ばれています。
 その特徴は何と言っても魚体の大きさで80センチを超えるものもあり、重
 さ10㎏~20㎏が当たり前の巨大なイカです。ソデイカは一般には冷凍で流
 通します。一度冷凍したソデイカは解凍すると「信じられない程の旨味」
 を引き出します。お寿司屋さんなどでもその身の厚さから重宝されており
 ますし、炙ったりすることで別の旨さにも出逢います。そして味の決め手
 と成るのがオリジナルのガ-リックオイルです。

リッツガ-リックオイル



s-DSC_0257 s-DSC_0274 s-DSC_0239
1セットづつ緩衝材入りです
 ご覧の通り肉厚でも柔らかい!
 使い勝手のよい蓋付きの容器入れ


 
ごま香味チャ-ハン
 お米といか軟骨。不釣り合いの組み合わせに思えますが、これが絶妙なんです。胡麻風味のチャ-ハンの作り方は
こちらから。


s-DSC_0301 (2)



 いか軟骨胡麻香味漬けは皆様のご存知の「するめいか」を使用しており
 ます。日本列島沿海を中心とした北太平洋海域に分布し、古来、日本人
 はこれを食してきた。今日においても最も消費量の多い魚介類です。
 そんなするめいかの軟骨?とはどこになるんでしょうか?
 答えはこれ!!いかは無脊椎動物の頭足類で、足の上に目、頭がありま
 す。軟骨は、この頭部にあり、脳や目を衝撃から守っています。コリコ
 リした食感で、知る人ぞ知る珍味です。そんないかの軟骨を「食感が楽
 しめる」ように細切りにしました。いくら軟骨と言っても大きすぎるカ
 ットでは口の中に骨が残ってしまします。そこで軟骨を細切りにするこ
 とで「コリッ・コリッとした」食感を感じる事ができます。
 そんな珍味の軟骨を甘辛胡麻ペイストの香味に漬けたのがこちらの商品
 です。手巻き寿司やおにぎりの具材、朝漬けとあえる、卵掛けごはん、
 そして「わさびを利かせてのお茶漬け」など、酒の肴はもちろんですが、
 楽しみ方もアレンジ次第で新し美味しさの発見にも繋がりますね。 


ごま香味漬け
 大根の細切りに合えるだけですが、胡瓜などに添えてもOK。わさびを多めに入れてのお茶漬けもお勧めです。
 もちろん、そのまま食べても超おいしい!お酒の好きな方は「日本酒にいか軟骨胡麻香味漬け」をいち押しし
 ます。混ぜるだけ簡単レシピはこちら

s-DSC_0247 いか軟骨 s-DSC_1382
130g小分けパック 使いやすい!
 珍味中の珍味 軟骨!
 コリコリ感がたまらない



山松水産株式会社トップペ-ジはこちらから。

bnr_onlineshop

形が不揃い・規格外などの訳あり商品やキャンペ-ン商品トップはこちらから。