山松水産 マグロ水揚げ量全国No.1の焼津を拠点に、水産加工・販売・冷凍保管を行っております!

  • 山松水産とは
  • 会社概要
  • 事業案内
  • 極味の先へ
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ > 山松水産の商品案内 > 焼津海鮮組ギフトP-03

焼津海鮮組 P-03 天然本鮪・焼津ミナミマグロ(赤身付き)・天然目鉢鮪 三種の中トロ~

  天然マグロの中トロ好きなあなたに
 このセットは「中トロ好き」にはたまらない逸品です。天然本鮪中トロ・天然南鮪中トロ天然目鉢鮪中トロ
 と三種類の鮪の中トロを詰合せにしました音符アイコン赤音符アイコン赤
 海の王様・黒いダイヤなどと呼ばれる天然本鮪の中トロの味の特徴は、ほどよい酸味にあります。それに対し
 て南鮪は海の女王様・赤いダイヤなどと称されますが、その味は本鮪とは反対に甘味にあります。
 一番高価な鮪は?との質問に誰もが「本鮪」と答えるかもしれませんが、本鮪に匹敵・双頭する鮪が南鮪です。
 焼津では、昔から鮪と言えば「南鮪」と言う程に定着しているんですよ。その美味しさを全国のみなさんに知
 って貰おうと言う試みが「焼津ミナミマグロ」キャンペ-ンです。
 また、天然目鉢鮪は、よく量販店やス-パ-などで販売されておりますが、そのほとんどが特価品などの赤身
 が中心だと思います。このセットには目鉢鮪の中トロが入っておりますが、その特徴は「しっとり感」又は
 「ねっとり感」と言えば分かると思いますが、歯ごたえがありながら、もちもちしているところです。
 一度に異なる三種類の中トロを思う存分食べ比べて下さい。

 ※品番≪J-07≫との違いは天然南鮪柵中トロ150g⇔南鮪天然南鮪中トロ柵200g(赤身付き) 
  鉢鮪中トロ柵1p⇔2pの違いです。ご利用になる人数でお選びください。


s-ys-99

 三種類の天然鮪の中トロに天然南鮪の赤身が加わり豪華な皿盛りが完成
 です。本鮪の酸味・南鮪の甘み・目鉢鮪のしっとり感をごゆっくり堪能
 下さい。
 s-DSC_0500
お申込み番号:P-03
【商品内容】クール
天然本鮪中トロ柵  約150g1p
    焼津ミナミマグロ中トロ柵
    (赤身付き)      約200g1p
    天然目鉢鮪中トロ柵  約150g2p
¥15,000(税込・送料別途)
内容量 650g 人数の目安 5人~6人前
ク-ル冷凍便でのお届け
賞味期限:商品到着後冷凍で10日
   解凍後:当日

 商品について・ご注文についてなど、お気軽にお問合せ下さい ☎054-664-2288


s-DSCF4121
“”“天然本鮪中トロ”
 中トロは日本人に好かれるとよく聞きますが、その理由は??
 ズバリ中トロがもつ品格にあります。大トロ程の脂質はありま
 せんが赤身にはない豪快さがあります。大トロと赤身の良い所
 だけとった中トロ。しつこすぎず、あっさりしすぎないで尚且つ
 赤身に僅かな酸味がある。旨味と言う言葉ひとつでは表しきれ
 ないほどの上品な中トロをご賞味下さい。脂質と赤身の見事な
 までなグラデ-ションの色彩で視覚でも楽しめます。本鮪の特
 徴は「ほのかな酸味」にありますが、その酸味が気になる方は、
 解凍後、冷蔵庫で6時間から12時間程度寝かせて下さい。そう
 する事によって酸味が中和され、まろやかな味わいになります。

 “天然南まぐろ中トロ” 
 焼津ミナミマグロ中トロは、こんな形の断面切りです。
 通常の柵とは異なり、中トロと赤身が200gの断面切りにセット
 されております。中トロが美味しいのは当然ですが、旨い魚は
 「赤身」が美味しいんですよ。
 鮪の赤身はその栄養価が注目されている部位でもあります。
 南鮪の味の特徴は「甘味」にあります。中トロの淡紅色(ピン
 色)と、はっきりとした赤色の赤身と視覚で味わい、その豊潤な
 甘さに舌づつみ!!お召上がり頂く楽しみも方も2倍3倍と膨れ上
 がります。南鮪の豊潤な甘味は本鮪を凌ぐ味わいですので、こ
 の機会にご賞味下さい。

s-010-0502回南0118 - コピー


hanamaru03-002焼津ミナミマグロを美味しく召し上がって頂くために

 皆様から寄せられる問い合わせで一番多いの項目が「解凍方法」についてです。解凍方法は弊社ホ-ムページ
 にて詳しく掲載しております「温塩水」を用いた方法は和食の板前さん達の間でも広く使用されている解凍方
 法です。詳しくはこちらから!! 今冬から会社案内リ-フレットを新調しました。その中にも解凍方法と柵の
 切り方
の掲載しておりますので参考にして下さい。
 また、南鮪は身の色の変わりが早い魚です。解凍後、長時間放置しますと茶褐色に変色してしまいます。解凍
 方法で真空パックのまま冷蔵庫で解凍される話を聞いた事がありますが、南鮪の場合は、真空パックのままで
 解凍しますと酸素不足になり、茶褐色への変色が著しく起こりますのでご注意下さい。


s-ys-3
 “天然目鉢まぐろ” 
 中トロと言うと「脂質と赤身を一度に楽しめる」。そんな答え
 が多く聞かれます。確かにその通りで、脂質と赤身の色鮮や上
 品な脂質は日本人が一番好む味覚ですね。目鉢鮪の中トロの特
 徴は、しっとりとした旨味の濃い赤身に、きめ細かい脂が入り
 込み、歯ごたえがありながらも「もちもち感」も得られる食感
 は格別なものがあります。目鉢鮪はスーパ-などで販売されて
 いる事でお馴染みですが、脂ののった中トロは、本鮪のように
 酸味もないので、あっさりしていて大変食べ易いです。お刺身
 や寿司ネタ・丼ぶりなどに重宝されていますおすすめ

    商品について・ご注文についてなど、お気軽にお問合せ下さい ☎054-664-2288

 s-DSC_0323
盛付けを変えるだけでイメ-ジもかなり変わりますね
 

2016冬

ショッフ_ハ_ナー_20150227