山松水産 マグロ水揚げ量全国No.1の焼津を拠点に、水産加工・販売・冷凍保管を行っております!

  • 山松水産とは
  • 会社概要
  • 事業案内
  • 極味の先へ
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ > 事業案内 > 極みシリーズ改善会議
s-改善表紙切り

 
 改善会議とは…。013

 山松水産加工部では、毎月1回お客様に現状以上に『安心・安全な商品を安定して提供』していくために、現場の
 問題点・より良くするための改善案を話し合い、意見交換の中で『先ずは改善委員(指導する側)のレベルアップ』
 を図り、加工部全体の人材育成を通じて加工部としての3つの柱『生産・品質・歩留りの向上』『人を育てる』
 事を目的としたコミュニケーションの場であります。
 今までの極みシリーズでは、加工場で『物作り』の場面が多かったと思うのですが、今回はその礎となる『改善会
 議』の様子をお届けいたします。

s-DSCN7439

 今日の会議は、改善ミーティング『皆が更に結果を出せるように導いて  あげるための話し合い』を各自時間を作り、話し合いをした結果を報告
 し意見交換をしました。

 
 s-DSCN7471

     加工部改善委員長です。

 毎月の会議の議題に沿って、皆から
 発言される様々な意見をしっかり聞
 き入れ、会議の進行をスムーズに行
 ってくれます。
 
 普段は物静かですが、独自の発想を
 持たれている改善委員会を引っ張る
 のが彼です。




 s-DSCN7449  s-DSCN7452  s-DSCN7456
 
 改善委員の中では一番の若手
 です。若手ならではの意見に
 いつもハッとさせられます。
 
  物事を独自の発想や考えで。
 伝え方も上手く、加工部の知
 恵者です。
  改善委員では最年長の課長代
 理。長年の経験を生かした意
 見がありがたいです。


 s-DSCN7464  s-DSCN7463  s-DSCN7459
 
 業務課との連携が多くある、
 加工部のリフト専属の彼なら
 ではの意見が冴えます。


  改善委員にはいなくてはなら
 ない存在。物事に対する意識
 や行動には目を見張るものが
 あります。
  加工部での製品に対する意識
 が発言に反映され、加工部の
 技術や人の質の底上げに大き
 くつながります。


 s-DSCN7468  s-DSCN7475  s-DSCN7474
 
 物事の理解力、考え、発言力
 素晴らしいです。
 『人を育てたい。』と言う思
 いは強いです。

  会議が進行するにつれて、  ボードに書ききれないくらい
 沢山の意見が出てきました。
 それだけ皆さんの会議に取り
 組む姿勢がうかがえます。
 
  皆さんの貴重な意見を、毎回
 ノートに記録していきます。
 ポイントを押さえた記録、い
 つもありがたいです。


s-DSCN7445

 point02-005
 改善会議は自分たちの仕事の質
 より良くしていこうと考える人た
 ちが中心となって行われます。

 自分の考えをしっかり聞いてもらう
 事は大切ですが、聞き取る側は話し  相手が伝えようとしてることは何か? 意見をしっかり聞き取る事もとても
 大切だと思います。
 
 ここで決まったことが、他の社員
 にも伝わっていきます。
 


 s-DSCN7446

         改善委員長より一言。finger-icon07-001

 『毎回議題を決めて、それについてどうしたら良いか?さらにもっと
  良くす方法はないか?自分をはじめ改善メンバー皆それぞれの立場、
  考えの中日々模索しています。様々なポジションや立場で意見が食
  い違う事もありますが、コミュニケーションを通じてお互いを認め
  合えば、必ずより良い方向へ進んで行けると思います。』



 加工部極みシリーズ・改善会議編・いかがでしたか? 現場では作業中流れの中でコミュニケーションが取りにく
 い事も多く、先ずは改善委員同志が日々の中での考えや思いを互いに吸収し、今以上に成長出来る意見交換の時間
 をとっています。
 お互いを認め、良い部分を吸収し足りない所をフォローできる。また、指摘すること、聞き入れる事も人の質の向
 上につながり、それが加工技術にもつながっていくと思います。
 我々が加工場でお客様の大切な商品をより良い製品に仕上げるのには、人材を育てる改善会議は必要不可欠であ
 ります。
                                             完