山松水産 マグロ水揚げ量全国No.1の焼津を拠点に、水産加工・販売・冷凍保管を行っております!

  • 山松水産とは
  • 会社概要
  • 事業案内
  • 極味の先へ
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ > 美味しいレシピ > 行事食レシピ 七夕編

  7月7日 七夕行事食 天の川そうめんレシピ 星


  
天の川や織姫の織り糸に見立ててアレンジしてみました。夏は暑くて食欲がなくなる時期
 ですが、消化も良いそうめんで一年の健康を願い七夕を楽しんでみてはいかかですか?
七夕
  【作り方】
 1、そうめんを茹でておきます。
 2、きゅうりはスライサーで薄くカット、卵は薄焼き卵にしておきます。
 3、茹でたそうめんをくるくる巻き、スライスしたきゅうりを周りに
   巻きます。
 4、薄焼き卵とマグロを星形の方でくり抜き飾りつける。

 七夕
 
 【材料】
 そうめん        3束
 マグロの刺身      適量
 アスパラ        5~6本 
 きゅうり        1本
 枝豆          適量
 卵           2個

 
 
 7月7日七夕の行事食 そうめんの由来
                      
 七夕の始まりは中国から伝わってきました。その昔、古代中国の帝の子供が7月7日に亡くなり鬼となって
 熱病を流行らせました。これに困った人々は子供の好物だった「索餅」を供えて祟りを鎮めました。
 「索餅」とは、古代中国で食べられていた小麦を使った料理だと言われています。
  それから、索餅を食べると一年間無病息災で過ごせると言い伝えられ、この故事に因んで中国では七夕に
 「索餅」を食べる風習が生まれ、平安時代に日本へ伝わりました。
  伝来した当初は、日本でも中国と同じ材料で作った「むぎなわ」を7月7日に食べる習慣がありました。
  それが時代を経て、「索餅」は「索麺(さくめん)」とも呼ばれ「そうめん」へと変化しました。


ふるさと納税お礼品 ショッフ_ハ_ナー_20150227

 トップ