山松水産 マグロ水揚げ量全国No.1の焼津を拠点に、水産加工・販売・冷凍保管を行っております! !

トップページ > まぐろ・かつおの豆知識 > まぐろの賞味期限について

冷凍まぐろの「賞味期限」は短いんですよ!!

スチロールs-E-14
弊社のギフトセット焼津海鮮組・弊社提供の焼津市ふるさと納税お礼品(冷凍鮪詰合せ)
の賞味期限は商品発送日を含め14日後の日付表示してありますが、理想から言えば商品到着後、7日以内にお召し上がり頂く事をお勧め致します。

ご家庭で保存する場合は一般の冷蔵庫での長期間の保管はお勧め致しません。
極力、お早めにお召上がり下さい。加熱してあります冷凍食品とは異なり、生食用の冷凍まぐろは繊細で、デリケ-トな商品ですので商品到着後、一週間以内にお召し上がり頂く事をお勧め致します。
その理由は・・・時間の経過と共に「ミオグロビン」「メトミオグロビン」が育成され
変色の原因となります。一般のご家庭の冷蔵庫の保管スペ-ス(冷凍庫は-18℃前後)では長期保管は不可能です。冷蔵庫にはこのような記号があるのをご存知ですか?

冷凍庫の性能はJISの規定により、ツ-スタ-・スリ-スタ-・フォ-スタ-と言った記号で示されております。冷蔵庫の扉にシールが貼ってありますので探してみて下さい。画像はフォ-スタ-(アスタリスク4つ)で性能的には、平均冷凍負荷温度は-18℃以下、冷凍食品保存期間の目安は約3ヶ月。と言った感じですが・・・これだと3ヶ月保存出来るだ!!と思われがちですが、実際はそうでもないんです。

その大きな原因は、「冷蔵庫の開閉」にあります。冷凍庫の開け閉めが頻繁にあり、冷凍庫内の温度が不安定になります。先述の通りまぐろはデリケ-トで繊細の食べ物をお伝えししたがこの温度の変化が「冷凍焼け」を引き起こし品質低下の原因となり、変色・メト化
などを引き起こします。冷凍焼けの具体的な例を挙げて見ましょう。

皆さんのご家庭の冷凍庫で次のような経験をした事はありませんか?
冷凍庫の氷を使わないでそのままにしておくと、だんだん小さくなったり、氷の表面が角
が取れて丸くなったりしませんか?この原因は水分の蒸発にあります。凍っているのに水分が蒸発するんですか?と思われるかもしれませんが、冷蔵庫の中でも水分は蒸発するんですよ。お刺身の柵やブロックの場合は、ほとんどが真空パックに入っておりますが、この状態でも水分が蒸発します。細胞内から水分が蒸発し抜けた水分の代わりに空気が入ってしまいます。そうなると、鮪の柵が酸化して色が変わったり食感が固くなったりします。これらを俗に「冷凍焼け」と言います。長期間保存した真空パックの内部に霜が付いていた経験がある方の多いと思いますが、これが「冷凍焼け」です。
  
まぐろの柵やブロックは表面だけ見ればカチコチに凍っているように見えます。弊社のうに-60℃の超低温冷蔵庫であれば1年以上の保管が可能ですが、ご家庭用の冷蔵庫で温度が超低温冷蔵庫に比べ高いため、柵やブロックの内部からゆっくりと細胞が破壊されます。これがドリップに繋がり旨味が逃げてしまいますですので、美味しくお召し上がり頂く為には、絶対に賞味期限をお守りください。

弊社の商品には外箱に賞味期限が記載されております。下記の通り賞味期限は、美味しく
召し上がって頂く為の期限です。賞味期限が過ぎたからと言って、すぐに食べれなくなる
と言うわけではありませんが、まぐろ本来の旨味を味わって頂くために必ず、お守りくだ
さい。賞味期限が切れた場合は、生食には向かないため加熱調理をお勧め致します。例えば、鉢鮪中トロをステ-キのように焼けば「鮪ステ-キ」の完成です。火を通す事でスジから旨味が飛びだし絶品ですよ。

s-賞味期限ラベル (2)
賞味期限はこちらに表示してありますので、商品到着後、必ず確認下さい。
s-DSCF7864
冷凍焼けの例です
s-DSCF6676
本来の色のまぐろです

冷凍焼けした真ん中の画像は一般用の冷蔵庫で一か月間、真空パックのままで保存しました。一番右の画像が本来の商品の色目です。一目で違いがわかると思いますが、それだけまぐろは繊細でデリケートな商品です。

豆知識として下記に「賞味期限」と「消費期限」の違いを買いてありますのでこちらも参考にして下さい。

「賞味期限」・「消費期限」と言う言葉を聞いた事がありますよね。その違いを皆様はご存知でしたか?先ずは賞味期限から説明します。
 
「賞味期限」とは⇒「美味しく食べられる期限」です

開封していない状態で食材に表示されて保存方法に従って保存した時に、美味しく食べれる期限を示しています。基本的は5日間を超える長期の保存が可能な食品に表示されております。代表的なものとして、スナック菓子、缶詰、インスタントラ-メンなどがありますね。

ここで問題が・・・

賞味期限を過ぎてしまった食材は食べれないの???

賞味期限は先述の通り「美味しく食べれる期限」であり、決して食べれなくなると言うわけではありません。皆さんも実際に、賞味期限が切れてるけど、臭いもしないから大丈夫だね!と言う経験がありますよね。でも、生食とする際は色・匂いを確かめてからにして下さい。一番良い方法は商品が到着したら、すぐに食べる事ですね!!

これに対して「消費期限」とは⇒「安心して食べれる期限」です

開封していない状態で食材に表示されて保存方法に従って保存した時に、食べても安全な期限を示しています。代表的なものとして、弁当や総菜、低温殺菌牛乳などがあり、5日以内に品質面で著しい品質の低下が認められる食品に表示してあります。「消費期限」を表示した食品は品質低下や傷みやすいので、期限を守る必要があります。

賞味期限
 消費期限
所定の方法で保存がきく食品
保存が長くきかない食品
通常は製造日から5日以内
 美味しく食べれる期限安全に食べれる期限
期限を過ぎたとしても、直ちに食べれないと言うわけではない
期限を過ぎたら食べない方がよい食品


温塩水解凍マグロ解凍

まぐろ・かつおの栄養素豆知識


bnr_onlineshop極味の先へふるさと納税お礼品

お問い合わせはこちらから
焼津市ふるさと納税お礼品
  • 魚屋さんが教える解凍方法
  • フォトギャラリー
  • メルマガ
  • おいしいレシピ