山松水産 マグロ水揚げ量全国No.1の焼津を拠点に、水産加工・販売・冷凍保管を行っております!

  • 山松水産とは
  • 会社概要
  • 事業案内
  • 極味の先へ
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ > まぐろ・かつおの豆知識 > 鮮度の良いのはどっち?

「生のまぐろ」と「冷凍のまぐろまぐろ」 鮮度が良いのは???

  「冷凍まぐろ」と「生まぐろ」鮮度が良いのは?
   この質問に対して・・・一般論で言えば

     ほとんどの人が「生のまぐろ」と答えると思います!!

でも、果たして本当にそうなんでしょうか??

実は・・・最先端の冷凍技術で

冷凍まぐろの方が鮮度が良いんですよhanamaru03-002

その理由を説明していきますfinger-icon07-001

 「生のまぐろ」と言って、真っ先に思い浮かぶのが「大間の本鮪」ですよね。高価・美味しいと言うイメ-ジ
 で高級寿司店とか高級料亭でしか食べれないと言う感じがしますね。そして何よりも一般にあまり流通してい
 ないので、どうしても割高感が芽生え、私たちの食卓に並ぶ頃には、それ相当の値段になってしまします。
 一種のブランド的な要素も含まれていますね。生のまぐろと言っても様々な魚種がありますので全てが高級と
 言うわけではありません。
 ところで、皆さんは生のまぐろが漁獲されてから食卓に並ぶまでどの位の時間が経過しているかご存知ですか?
 
  ①漁獲されたまぐろは産地の市場や漁協に出るのが翌日。
 ②消費市場(築地に代表される市場)に、その翌日に上場されます
 ③そして早くて当日、又は翌日に店頭に並ぶ事になります。

 
point02-005

 ですので漁獲されてから三日経過しております。当然の事ですが、その間に鮮度は落ちていきますが、氷詰め
 された箱(氷温で管理)で流通しますので皆様の食卓に並ぶまでに時間が経過しても「美味しく」食べれます。

それに対して「冷凍まぐろ」は・・・

   一般的な洋上での凍結方法と言えば、

 ①漁獲されたまぐろは「血抜き内臓処理」を行います。
  ②管棚と呼ばれるアルミ棚に冷媒を通し、-35℃~-45℃の凍結室内に
   送風機を取り付けて空気の風速を毎秒1m~2mに流動させて鮪を凍結
     します。
  ③その後、保冷艙と呼ばれる部屋で-60℃以下の温度で保管されます。
 
  漁獲されたまぐろは獲れてから数時間で凍結されますので、そこから
  先は鮮度は落ちませんpoint01_r6_c1

 以上の事を総合的に判断しますと・・・
 
 あくまでも「まぐろの鮮度」で言えば
 冷凍のまぐろ ≧ 生のまぐろと言う訳けです。

※ 但し、あくまでも弊社の冷凍まぐろに関する考え方です。やはり「生のまぐろ」が一番と言う考え方も
  あります。
 
  焼津を代表する水産メ-カ-から本物のまぐろの味をお届けします。焼津海鮮組オンラインショップはこちらから!!
ショッフ_ハ_ナー_20150227