山松水産 マグロ水揚げ量全国No.1の焼津を拠点に、水産加工・販売・冷凍保管を行っております! !

トップページ > まぐろ・かつおの豆知識 > なぜ、魚は健康に良いと言われるのか?

なぜ、魚は健康に良いと言われるのか?

 
魚は健康に良いのか?

魚食は、健康志向が高まり近年世界的ブームとなっています。では、なぜ魚を食べると健康に良いと言われるのでしょうか?その理由について、魚に含まれるおもな成分とその効果は次の通りです。

 身体に良い脂肪酸が含まれている
魚の脂には肉類の脂と異なり、私たちの身体に良い脂肪酸が含まれています。この脂肪酸は必須脂肪酸と呼ばれ、私たちの体内でつくられないので魚介類から取り入れるしかありません。これらの良い脂肪酸が生活習慣病の予防につながります。その中でもDHA(ドコサヘキサエン酸)は、コレステロールの低下、血栓防止、血圧低下などの効果があります。また、脳の記憶や学習能力を高める作用があり、癌の抑制作用もあると言われています。特にマグロやカツオの眼の周辺部に多く含まれています。イワシ・サバなどの青魚に多く含まれているEPA(エイコサペンタエン酸)は血液をサラサラにして血栓を抑え、コレステロールを低下させる効果があります【あぁ、そうなんだ!魚講座/亀井まさのり著引用】

 貧血に良いと言われる魚とは
貧血はビタミンB12や葉酸の不足または欠乏が原因で起こると言われています。カツオの血合い肉にはビタミンB12と鉄分が豊富に含まれています。カツオに含まれる鉄分は、人体への吸収が高く貧血の改善に役立ちます。 

 骨の成長に欠かせないものとは
ビタミンDは、骨の成長に欠かせないもので、骨の基礎となる部分にカルシウム沈着させる働きがあります。丈夫な骨や歯を作るために必要な成分です。ビタミンD不足すると骨粗鬆症の原因にもなります。適度に太陽の光を浴びることで、ビタミンDをさらに効率よく摂取することができます。黒皮かじき・あんこうの肝・かわはぎなどに多く含まれています。  

 まとめ
私たちの身体に必要な栄養成分が豊富に含まれていることから、魚は健康づくりに欠かせない食材です。近年、若年層の魚離れが囁かれる中で、食育の一役を担うことができる様な商品を提供していきたいと思います。魚は様々な食材と組み合わせることで、更に効率よく栄養を摂取することができるため、毎日の食卓に無理のないよう少しずつ取り入れ、健康な生活を送って行きたいですね。

温塩水解凍
マグロ解凍

まぐろ・かつおの栄養素
まぐろの豆知識

bnr_onlineshop極味の先へふるさと納税お礼品

お問い合わせはこちらから
焼津市ふるさと納税お礼品
  • 魚屋さんが教える解凍方法
  • フォトギャラリー
  • メルマガ
  • おいしいレシピ