山松水産 マグロ水揚げ量全国No.1の焼津を拠点に、水産加工・販売・冷凍保管を行っております! !

トップページ > まぐろ・かつおの豆知識 > 生まぐろVS冷凍まぐろ特集

冷凍まぐろ新鮮じゃない・・・それってホント!?

 
冷凍まぐろ

皆さんはご家庭でマグロを食べる時、生マグロと冷凍マグロが並んでいたらどちらをを選びますか?生マグロの方が鮮度が良く冷凍マグロは味が生マグロに比べて劣るのでは?と考える方が多いのではないでしょうか?実はその常識間違っているかも!?

ふるさと納税s-123 038

冷凍マグロは新鮮で食べたい時に獲れたてのおいしさをいつでも味わえる良さがあります。それでは、鮮度抜群の冷凍マグロをご紹介します。

 獲れたての鮮度を保つためのポイント①
水揚げされたマグロは直ぐに船上で血抜き内臓処理を施した後、-50℃~-60℃で急速冷凍されます。瞬間で凍らせるのには理由があります。時間をかけて凍らせると細胞を内部から破壊していくため、品質劣化の原因になりそれを最小限に抑えるためには瞬間に凍らせる必要があります。その後、外気に触れることなく輸送された貨物を-60℃の冷蔵庫内で保管します。そのため獲れたての鮮度と味が保たれます。

まぐろの品質が低下する理由について細丸ボタン_青(詳しくはこちら)


マグロ水揚げ

やじるし赤

保管庫に仕分け

やじるし赤
-60℃の世界
保管コンテナ

 脂ののった旬のマグロをいつでも味わえるポイント②
自然の中で育つマグロは、餌を追い求めながら回遊しています。遠洋漁業では世界中の海から一番脂がのる時期・漁場を見極め最高のマグロを追いかけ操業しています。そのため、通年通して脂ののった最高のマグロを味わうことができます。

 獲れたてのおいしさを新鮮なまま味えるポイント③
冷凍マグロのデメリットと言えば、解凍方法がわからないと言う方が多いこと。実は誰でも簡単に解凍できます。解凍方法さえマスターすれば、ご自宅で獲れたのマグロがいつでも味わうことができます。鮮度の良い証拠に冷凍マグロは縮れ(ちぢれ)と言う現象がおきることがあります。
ご存知ない方もいると思うので縮れに(ちぢれ)ついて
細丸ボタン_青(詳しくはこちら)

 

鮮度を保ったまま解凍する方法はいくつかありますが、簡単にできる解凍法は、温塩水解凍・氷水解凍方法などがあり、どちもおいしさを逃すことなく鮮度の良い状態で召し上がることができます。


温塩水解凍
温塩水を用いた解凍方法はこちら
マグロ解凍
氷水を用いた解凍方法はこちら 


  まとめ
『生マグロ』と『冷凍マグロ』どちらが鮮度が良いのか?で言えば、冷凍マグロと言えるでしょう。冷凍マグロはどうしても鮮度が悪いと思われがちですが、マグロは獲れたら直ぐに内臓処理を施すことで新鮮な状態を維持することができます。冷凍マグロは、皆さまに獲れたてのおいしさをお届けするために、獲れたての鮮度を保つ工夫や輸送された後の品質管理などにも気を配り、最高の状態で皆さまの食卓へと提供できることをご理解いただけましたでしょうか。

解凍方法まぐろの賞味期限

まぐろ・かつおの栄養素
まぐろの豆知識


bnr_onlineshop極味の先へふるさと納税お礼品

お問い合わせはこちらから
焼津市ふるさと納税お礼品
  • 魚屋さんが教える解凍方法
  • フォトギャラリー
  • メルマガ
  • おいしいレシピ