山松水産 マグロ水揚げ量全国No.1の焼津を拠点に、水産加工・販売・冷凍保管を行っております!

  • 山松水産とは
  • 会社概要
  • 事業案内
  • 極味の先へ
  • 採用情報
  • お問い合わせ
トップページ > まぐろ・かつおの豆知識 > 『目鉢まぐろ』赤身はどの部位が一番おいしい?

 『目鉢まぐろ』赤身はどこの部位が一番おいしい?

 
目鉢まぐろ
 
   
  目鉢まぐろはどんなマグロ?
    目鉢まぐろの特徴は名前の通り目が大きいことです。同じ大衆的なマグロの
    黄肌まぐろが関西で人気を得ているのに対して、目鉢まぐろは関東で人気を得
    ています。黒まぐろや南まぐろのような脂はありませんが寿司、刺身としての
    流通量が多いです。 身は赤く黄肌まぐろよりコクがあります。

    よくある質問
 一般的なマグロ属の5種の形態的特徴を簡単に紹介 details3_2
  

  赤身の部位はどこが一番おいしい?
   目鉢まぐろの味の特徴と言えば、マグロ特有の旨味とコクがあり、もっちり・
     しっととした食感が絶品です。赤身は筋目によって食感が異なり味にも違い
     があります。それでは、縦断面図でおいしい部位をご紹介します。
         

メバチまぐろ断面図
                 
(マグロ漬けの写真を使用。本来の赤身の色と異なります)
まぐろ漬け
  ①の部位
【筋目】骨に近い部位は、筋が少ない
【食感】ねっとり・しっとり
【味】 コクがある
【おすすめ調理法】寿司・刺身・漬け・カルパッチョ

まぐろ漬け
   ②の部位
【筋目】筋が曲線を描いている(骨から2番目に近い部位)
【食感】ねっとり・少し歯ごたえがある
【味】 コクがあり、さっぱりとしている 
【おすすめ調理法】寿司・刺身・漬け 

目鉢まぐろ
 ③の部位
【筋目】胸鰭に近くなると筋が強くなる
【食感】歯ごたえがある
【味】 味はさっぱり
【おすすめ調理法】寿司・刺身・漬け

まぐろ漬け
 ④の部位
【筋目】胸鰭に近いため、筋が強い
【食感】筋が強く、口の中に筋が残る
【味】火を通すと筋が溶けだし、程よい脂がジューシー
【おすすめ調理法】炙り・フライパンで低温で焼く 
 チェック筋の強いおすすめの調理法はこちら


 温塩水を用いた解凍方法 氷水を用いた解凍方法 まぐろ・かつおの豆知識 まぐろ・かつおの栄養素
温塩水解凍マグロ解凍まぐろの豆知識 まぐろ・かつおの栄養素