山松水産 マグロ水揚げ量全国No.1の焼津を拠点に、水産加工・販売・冷凍保管を行っております! !

まぐろの栄養価 ~知られざる効能・健康効果いろいろ~ アイコン_印_得


まぐろ1 日本人に一番好まれる魚が「まぐろ」です。
 
ところで、まぐろの語源をご存知ですか?
ある説によると、まぐろの背中の色からきていると言われております。背中が「真黒」だから「まぐろ」と名付けられたと言う事です。 
 
まぐろには、頭の働きを良くする(DHA)、成人病を予防する(EPA)、動脈硬化を防ぐ(タウリン)、貧血を予防
する(鉄分)、良質のタンパク質・子供の栄養代謝を助けるビタミン・ミネラルなどを豊富に含んだ健康食です。そんな「まぐろ」の栄養価を紹介します。

「まぐろ」の種類を皆さんはご存知ですか? 
黒鮪(本鮪)・インド鮪(南鮪)・目鉢まぐろ・黄肌まぐろ・びんちょうまぐろ(トンボまぐろ)・梶木まぐろなど、たくさんの種類があります。これを俗に「まぐろ」と表現していますね。冒頭に「日本人に一番好かれるまぐろ」と言いましたが、皆さんはどの部位がお好きですか?まぐろは捨てる場所がないほど無駄のない魚です。まぐろの身は大きく分けて、赤身・背中やお腹の霜降りの中トロ、そして一匹から数%しか捕れない大トロと分かれます。各部位でも効能や効果が異なります。

s-DSCF7012
まぐろの黄金比率も注目されております。
先ずは「赤身」の効能からお話していきます。まぐろの赤身はタンパク質が豊富で良質脂肪で低カロリ-の健康食です。タンパク質に関しては、牛や豚よりも優れています。また血合いの部分にはタウリン・ビタミンE・鉄分が多く含まれています。タウリンはコレステロールの代謝促進や肝臓強化に優れた効果を発揮する事で注目されておりますが、交換神経の高ぶりを抑え血圧・血中コレステロールを下げ動脈硬化を防ぐ効果があります。また、血行を良くする作用があり、美肌作りや肩こり・腰痛にも効果があるとされているビタミンEや貧血予防効果の高い鉄分が含まれております。

まぐろのトロの部分には脂質が多く含まれ、赤身同様に動脈硬化を防ぐE・P・A(エイコサペンタエン酸)やビタミンA・D・Eが赤身より多く含まれております。そして皆さんもご存知と思いますがD・H・A(ドコサヘキサエン酸)は脳の機能を高め、学習・記憶能力の向上や痴呆の予防になると言われております。このE・P・AとD・H・Aなどの脂肪酸は生活習慣病の予防効果があります。また、中性脂肪とコレステロール数値が気になると言う方もいると思いますが、この脂肪酸が数値を減らして血液の粘度を下げ、血栓を予防する働きがある為に脳梗塞や心筋梗塞と言った血管障害が原因で引き起こす病気の予防にも効果があります。s-DSCF7304

上記の事をまとめますと013

  k_005キラキラ「まぐろ」は健康に欠かす事の出来ない栄養価の宝箱k_005キラキラ

number3_1 タンパク質が豊富で良質な脂肪酸が多く含まれる健康食
number3_2 肝臓の働きを助けコレステロ-ルを調整します
number3_3 EPAが豊富で老化の予防や子供の栄養代謝を助ける
number3_4 生活習慣病の予防に、血栓を予防などの効果あり
number3_5 美肌作り、腰痛・肩こりにも効果があり、貧血の予防効果も


まぐろ栄養素


温塩水解凍氷水解凍

まぐろ・かつおの栄養素まぐろの豆知識


bnr_onlineshop極味の先へふるさと納税お礼品









お問い合わせはこちらから
焼津市ふるさと納税お礼品
  • 魚屋さんが教える解凍方法
  • フォトギャラリー
  • メルマガ
  • おいしいレシピ