山松水産 マグロ水揚げ量全国No.1の焼津を拠点に、水産加工・販売・冷凍保管を行っております!

  • 山松水産とは
  • 会社概要
  • 事業案内
  • 極味の先へ
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ > 新着情報一覧 > 新加工部防災
s-DSCN5341
   今回の防災訓練を実施するにあたり
① 先ずは自分が助かる行動をとる事。
                ② 声出しをしっかり行う事。
                ③ 基本の再確認を行う事。
                ④ 新入社員を迎えて出来る事。

      の4項目をテーマにしてみました。
     何故?このテーマ設定にしたのかと言いますと、後ほどご説明します。
 
それでは、定刻に迫りましたので…。
3‼2‼1‼
地震が発生しました‼‼

加工部防災訓練開始いたします‼

  
 DSCN5227

訓練

Disaster drill

 去る5月11日、労働安全衛生委員会
 での年間行事としまして、各部署では
 ありますが防災訓練を実施しました。
 その中で、今回は加工部の訓練状況を
 お伝えしたいと思います。 


◖今回の訓練での地震想定◗


 発生日時…平成27年5月11日
    午後15時30分

 震源地…駿河湾沖

 地震の規模…震度7以上
        津波発生としました。


DSCN5215 DSCN5218 DSCN5221
   激しく揺れています‼
   訓練開始の合図と共に、稼働中
  の機
械の電源をOFF‼

   頭部保護に努めます。
   作業台の下・桶やコンテナを
  ヘルメット代わりに‼
 
  揺れが治まりました…。
  現場の状況の確認を行います。
    「怪我人はいないか❓!」
「梱包室に一時退避するぞ‼」
  課長の的確な指示が飛びます。
  二次災害を引き起こさないよう
   …冷静に冷静に…。
 
 梱包室に移動完了。
(発生40秒後)
 仲間の安否確認を行います。
 加工部は人数が多い(24名)ので、
   避難誘導班・救護班の各2班の計
 4班で活動します。

   安否確認・点呼完了。
(発生1分09秒後)



DSCN5223
  梱包室より先は、避難誘導班は避難
  経路の確保・屋根上からの津波の
  確認・負傷者や他部署の逃げ遅れの
  確保・搬送のため先行して2階食堂
  に向かいます。
  救護班は業務課(冷蔵庫)より救護
  要請の有無を確認、救護要請があれ
 ば従事し,2階食堂に向かいます。

 どの役割も、仲間が助かるためには
  欠かせないです。




 DSCN5224
 あっ‼? 大変です‼ 新入社員が怪我をして動けません…‼
 「じっとしてろ。」 「大丈夫か?!」 「タンカを準備しろっ‼」
 訓練とはいえ、新入社員が怪我をした(設定)とあって、先輩方は我先に、
 一生懸命に救護活動に従事してくれました‼

   さすが加工部、優しい先輩方が沢山います。(*‘∀‘)

DSCN5225 DSCN5226 DSCN5228
 簡易タンカを使用しての訓練は
 2回目なのですが…。

 前回の教訓が活かされてます。
 あっという間に搬送体制‼
     素晴らしい‼
 
 狭い通路も扉が解放され通過しや
 すくなっています。

 避難誘導班が役割をしっかり
 こなしてくれてました。
      さすが‼
 
  階段の上り口付近です。
 「足元気を付けてよ‼」

 2次災害に気を付けて……。
 足元にも十分注意して進みます。

DSCN5229 DSCN5233 DSCN5234
 階段は勾配がありますが、
 負傷者に不安を与えないように
 タンカは出来るだけ平行維持に
 努めます。

 
  階段より踊り場の折り返し付近。
  先導・舵取り・バックサポート
  各自役割分担で安定して進みます。
皆ガンバレ‼
 続々と2階食堂に到着しています。
(発生3分18秒後)

食堂では点呼・報告を行いました。

DSCN5237 DSCN5242 DSCN5243
 その後、天候不順でなかなか上が
 れなかった屋根上へ。

 仮設階段足元気を付けて‼

 
 負傷者を背負っての訓練です。
 仲間が安全に昇降出来るよう
 屋根上よりの監視、後ろからの
 サポートも完璧です。


 
 久々の屋根上…。
 折板で足元が多少不安定ですが、
 最終避難到達場所の確認も
 出来ました。
DSCN5245 s-DSCN5339 s-DSCN5337
 訓練終了後は、食堂にて報告と
 意見交換を行いました。
 緊急時に活かせる、前向きな意見
 交換が出来ました。

 
 後日、防災袋の中身の確認と
 消費期限の確認も行いました。

 内容的に充実してますね。
 
 会社各所に設置してある
 防災用具の確認も行いました。
 どこに何があるのか把握しておく
 事が大切だと思います。


 
★★冒頭でお話させて頂いた、4項目のテーマ設定について★★

    仲間を助けるためには、先ずは自分が生きていなければならないのでは?
    訓練時より積極的に声を出していかないと、緊急時に声が出せないのではないか?
    基本がシッカリしていないと、応用は難しいのではないか?
    新入社員を迎え入れるにあたって、防災訓練は良い機会(否応無しに皆と触れ合える)ではないか?

          という意味合いで今回はこのテーマ設定にしてみました。 

 今回の防災訓練の総括といたしまして、①自分自身が助かる行動②声出し
 ④新入社員を迎えての3テーマについては、満足出来るレベルに達してい
 ると思いました。しかしながら、③のテーマについて一部分で確認ミス・連携
 ミスが出てしまいました。訓練上少し課題は残ってしまいましたが、これらを
 ポジティブに受け止めて、次回訓練や現実に起きてはなりませんが、災害時に
 今回の訓練が十分に活かせて、みんなが生き延びる事が出来るように…。


以上、加工部防災訓練の報告とさせて頂きます。
長々と読んで頂き、有難うございました。<(_ _)>