山松水産 マグロ水揚げ量全国No.1の焼津を拠点に、水産加工・販売・冷凍保管を行っております!

  • 山松水産とは
  • 会社概要
  • 事業案内
  • 極味の先へ
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ > 新着情報一覧 > インタ-シップ@静岡県立焼津水産高校編(2015.2.6)

今年も始まりました@インタ-ンップ 静岡県立焼津水産高等学校編

 1月26日~1月30日の日程で今年も静岡県立焼津水産高等学校の生徒さんによるインタ-ンシップが行われまし
 た。今回の生徒さんは食品科学課に在籍しております佐野京香さんと、増田晴香さんの二名が弊社を訪れ営業部
 と加工部を中心にインタ-ンシップを行いました。今回は女子高生の受け入れとなり、弊社も女性社員が担当者
 となる部署が多く開校式では総合司会を営業部のマドンナ??が務めてくれました。
 今回の生徒さんは二人ともに食品科学課と言う事もあり加工部での作業には興味深々でした。営業部での研修で
 は慣れない原価計算には戸惑いの表情を浮かべておりましたが、送り状の入力ではさすが現代っ子、パソコンに
 向かいテキパキとこなしておりました。
 弊社の休業日の関係で四日間の日程で行われたインタ-ンシップですが、受け入れる私達も毎回のように教える
 事の難しさを痛感しまし、このインタ-ンシップを通して学ぶ事が多いという点で担当者を変え常に新しい気持
 ちで臨んでおります。インタ-ンシップでの経験が今後の進路決定の参考になれば、大成功!!ですね。
 このページの一部も佐野さん・増田さんが力を合わせて作りましたよ。
それではインタ-ンシップの様子をご覧
 下さい。


     s-DSCF1278 (23)のコピー
 s-DSCF1305    s-DSCF1283
     常務に変わり開校式で挨拶
 社長を紹介されて・・・
    手の凝っている説明会資料

s-DSCF1526 インターシップをやらせて頂き、仕事の大変さや会社の目指すものなど沢山
 の事を知ることができました。分からないことがあり困っているとすぐに優
 しく教えてくれたのでスムーズに仕事が出来ました。本当に山松水産の方々
 は優しい方ばかりです。
 営業部では原価計算や送り状の入力をしました。最初は全く分からなくて戸
 惑いましたが慣れてくると達成感がありとても楽しかったです。
 加工部でも実際に仕事の体験をしました。営業部とは違いずっと立ち仕事で
 疲れました。流れ作業なので私が少しでも遅れると他の皆さんにも迷惑をか
 けてしまいます。なので少しでもテキパキと動けるように頑張りました。
 山松水産では営業部、加工部、総務部に分かれていて仕事内容が全然違うの
 で沢山の仕事を学ぶことが出来ました。その学んだことを今後に生かしたい
 と思います。(このコメントはインタ-ンシップ期間中に本人が入力しました)


 このインターンシップでは、普段の学校の生活からは学ぶ事の出来ない様な事
を学ばせていただくことが出来ました。
営業部では原価計算や、パソコンでの作業があり他にもたくさんこなさなけれ
ばいけないことがあり、学校とは違ってとても大変だなと思いました。他にもお
茶の淹れ方など、社会に出てからも役に立つ事も学ばせて頂けたのでとても参
考になりました。このインターンシップで学んだ事を自分が社会にでた時に、
生かしていきたいと思いました。

(このコメントはインタ-ンシップ期間中に本人が入力しました)
s-DSCF1527

s-DSCF1302 s-DSCF1388 s-DSCF1348
加工部インタ-ンシップ担当
 まずは説明から
 美味しいお茶の淹れ方

s-DSCF1396 s-DSCF1310 s-DSCF1372
総務では洗濯も体験 
 慣れない原価計算も
 パソコンに向かい送り状作成

s-DSCF1524 s-DSCF1540 s-DSCF1533
ホームペ-ジ作成の途中
 加工部にて梱包作業中
 経理部でも研修

s-DSCF1677 s-DSCF1334 s-S0051690
食卓に並んでいるのは・・・
 出納帳ってなんだ???
 真剣に聞き入る最終日

 1月26日から始まりましたインタ-ンシップも無事に終了しました。今回で四回目を迎えたインタ-ンシップ
ですが、今回は対象の生徒さんが女子高生と言う事もあり、各部署ともに女子社員が指導係りとして活躍してくれ
ました。インタ-ンシップは職場体験と言う感じで定義されておりますが、弊社としては、指導する現有社員に
人に教える事の難しさ・大変さを実感してもらい自己啓発の一つの場所としても考えております。短い期間でした
が、インタ-ンシップに参加してくれた生徒さん・担当に当たった弊社の社員ともに「貴重な体験・経験」が出来
たのではないでしょうか。この経験をいかして更なるステップアップにつなげ事が大事ですよ。
お疲れ様でした!!