山松水産 マグロ水揚げ量全国No.1の焼津を拠点に、水産加工・販売・冷凍保管を行っております!

  • 山松水産とは
  • 会社概要
  • 事業案内
  • 極味の先へ
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ > 新着情報一覧 > インタ-ンシップ始まりました

インタ-ンシップ始まりました@静岡県立焼津水産高等学校編

 昨年も行なわれました高校生対象のインタ-ンシップが1月27日より5日間の日程で行なわれました。今回は地元焼津市の静岡県立焼津水産高等学校から2名の生徒さんが研修に参加してくれました。二人とも食品科学科に在籍している事や当社の業務内容に大変興味があると言う事で、受入れ態勢も前回のインタ-ンシップの教訓を活かし各部署ともに事前準備に余念がありません。今回のインタ-ンシップで仕入れから保管、加工、販売に至るまでの流れや生徒さん達からの要望である衛生管理や商品管理の体制の説明まで細部にわたり行なう予定になっております。
それでは、各部署の研修内容をご覧ください!


s-水産高校 005 s-水産高校 043 s-水産高校 014
各部署の説明開始 最初は・・時間の経過とともに◎ お姉さま?とお掃除

s-水産高校 171

加工部の説明に聞き入っております。
 s-水産高校 114
野球部所属、四番で捕手と言う事で体を動かしている方が良い?みたいで
現場でも小走り??で走り回っておりました。始めて取ったリストをご覧の笑顔で女性社員へ手渡しております。初々しさを感じましたぁ~
私達社員も見習わなくてはいけない点が多々ありますね。




s-水産高校 128 s-水産高校 143 s-水産高校 081
出荷の仕組みの説明 細菌検査の実施!! 塩辛の瓶つめ

s-水産高校 010.1
要点を短時間でまとめたり、分からない点は直ぐに質問する姿は素晴らしいと思います。初めて行なう作業にも戸惑いを感じながらも時間の経過とともに順応しておりました。担当者から理解度も早いし、正確に出来ていますとの報告もありましたよ。
 s-水産高校 186
真剣な表情で聞き入っています。分からない点も直ぐに質問します。

s-水産高校 176 s-水産高校 158 s-水産高校 175
原魚をボックスへ 衛生管理について 尾切選別に立会い自分の目で

 五日間に渡るインタ-ンシップも無事に終わる事が出来ました。この期間中に本社冷蔵庫・大井川工場営業部、業務課、加工部、経理総務部と全ての部署で短時間ではありましたが研修を行ないました。食品科学科の生徒さんだけあって加工部の作業には真剣な眼差しで没頭しておりました。また女子生徒さんも営業部の女性事務職の業務に興味深々な様子でありました。この期間中に会社の仕組みや働く事の大変さ、何よりも仕事は一人では出来ない。だから協力し合って支え合う。その為にもコミニュケ-ションが大切と言う事が分かってくれたかと思います。私達社員も教える事の難しさを改めて考え直させる感じがしました。社内では労働安全衛生委員会や各部署の改善会議や推進会議を通して『人を育てる』を重点的に行なっておりますが、今回のインタ-ンシップで大勢の社員が携わり多くの社員が同じ事を感じた事でしょう!!
そう言う意味では、インターンシップを通して我々も勉強させてもらいました。そして、まだまだ努力が足りないと言う事も痛感致しました。
二名の生徒さんにとっては、全てが始めて経験する事であり緊張の連続だった思います。研修初日の顔は何か自信なさそうに感じましたが最終日には、自信を持って返事をしたり積極的に質問したりと自信に満ちあふれていた様に感じました。五日間、お疲れ様でした。