山松水産 マグロ水揚げ量全国No.1の焼津を拠点に、水産加工・販売・冷凍保管を行っております!

  • 山松水産とは
  • 会社概要
  • 事業案内
  • 極味の先へ
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ > 新着情報一覧 > 静岡放送(SBS)ラジオ局 「録音風物誌」取材協力

静岡放送(SBS)ラジオ局 「録音風物誌」 静岡のマイナス60℃の世界

img_rokuon
SBSラジオ(静岡放送)『録音風物誌』
【静岡のマイナス60℃の世界】
 静岡放送様からラジオ局の一般教養番組「静岡のマイナス60℃の世界」と
 言う番組への取材協力要請がありました。この番組は、全国各地の古い、
 新しい風物誌をテ-マに、そこに生きる人々、そこで語られ、伝えられて
 いる風俗、習慣、行事などを描く番組です。
 大井川工場業務課所属の山村君が、インタビュ-に応える形式で取材が始
 まりました。


SBSラジオ(静岡放送)『録音風物誌』放送スケジュ-ル
タイトル「静岡のマイナス60℃の世界」
2018年1月14日(日) 朝5:50分~6:00放送予定
※その他、全国34局で2018年1月8日(月)~14日(日)の期間に放送予定


日本一の冷凍まぐろ・かつおがどのようにして水揚げされて、保管されているかと言う未知の世界をリアル
な音で伝える!マイナス60℃の冷蔵庫って、どんな音がするの?そこで働く人たちはどうやって仕事をして
いる?、「Cold Space Creator」とは何?など、私達もどんな音で表現してくれるのか楽しみにしており
  ます。山村君のインタビュ-にも注目して下さいね。                     

 s-DSC_1756
 今回の収録では大井川工場営業部業務課所属 山村君がインタビュ-に応えてくれました。彼は入社7年目の
 中堅社員であり、現場でも中心的な役割を担っております。近い将来の山松水産の存在感ある担い手として
 期待されております。

 

保管コンテナ 冷蔵庫 保管庫に仕分け

interview   12月8日 焼津魚市場をスタ-トに取材開始
 6:45 焼津魚市場で打合せ(一本釣り・解凍)
 7:00 8永盛丸 鰹一本釣りの競り売り音声収録
 7:30 解凍売り場にて南鮪競り売り音声収録
 8:00 一本釣り水揚げ風景音声収録
 9:00 大井川工場へ移動し冷蔵庫業務の収録
 10:00 営業部業務課山村君のインタビュ-収録
 かなりタイトなスケジュ-ルとなりましたが「いい感じ」で収録終了!


 先日行われました「ふるなび 焼津PR動画」撮影も記憶に新たらしいですが、なぜか最近メディの取材が多
 いです。弊社では、窓口になる担当者はおりますが、その時々の状況に合わせ出演者を変えております。
 冷蔵庫の社員は日頃、お客様とお話する機会は滅多になく、最初から上手く出来る訳がありませんが、そこは
 弊社の社員教育の良い点!先輩社員が親身になり、質問の答えを考えてくれたりアドバイスをしてくれたりと
 山村君のために、山松水産のためにと力を貸してくれています。何事も経験が第一。「プレッシャ-は当事者
 だけが味わえる特権だから、その特権を楽しめば良い」と言う上司の意見を理解したのか、多少色気がでてき
 たようです。っと言うほめ言葉に「ちょっと止めて! やり直していいですか?」リラックスし過ぎでしょ!
 あれっ⁉ 今度は原稿の作成と・・・ 初めての取材対応で色んな経験ができましたね。


s-DSC_1745 s-DSC_1746 s-DSC_1749
冷蔵庫の取材では、打合せ段階で「冷蔵庫の中で質問に答える形で!」と言うことになり
スタッフさんと庫内へ。ところが10秒ほどでご帰還。寒すぎてコメント言えません・・・


s-DSC_1753 s-DSC_1742 s-DSC_1743
一度、事務所に戻り作戦会議です。!さすがに超低温冷蔵庫の中では無理ですので、冷蔵庫荷捌き場にて
臨場感あるリアルな音をBGM代わりにインタビュ-を撮る事に決定しました。慣れ親しんでいる場所での
       インタビュ-なので、山村君の表情にも若干の余裕が感じられます。               

 s-DSC_1748
 はじめての取材対応で、この笑顔は「大物ぶりを発揮」しています。しかし、別室でのコメント撮りでは
   思いもよらぬ展開が待ち受けていました。取材は難しい!この経験が次の機会に役立つことでしょう!   
 

s-DSC_1752 s-DSC_1751 s-DSC_1758
   超低温冷蔵庫の音? なんだろう? 必死に考えた結果、CMでもお馴染みの濡れたタオルを冷蔵庫内へ
   持ち込み、あの光景を再現(画像では撮れませんでした)したり、冷凍鮪や商品を叩いて音を出したりと
   何とかリスナ-に理解してもらおうと頑張ってくれました。 時には、取材途中でもコメントに納得が
   いかず、ちょっと止めてもいいですか。もう一回!少々お時間を・・・ など納得がいくまで繰り返し
   ておりました。最後には、その場でコメント作成と取材に対する姿勢?も度胸が据わっておりました。
   


極味の先へ ショッフ_ハ_ナー_20150227 ふるさと納税お礼品
山松水産株式会社TOP
 オンラインショップ焼津海鮮組
 ふるさと納税お礼品