山松水産 マグロ水揚げ量全国No.1の焼津を拠点に、水産加工・販売・冷凍保管を行っております!

  • 山松水産とは
  • 会社概要
  • 事業案内
  • 極味の先へ
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ > 新着情報一覧 > 2018.1 焼津水産高校インタ-ンシップ

2018.1月 静岡県立焼津水産高等学校 インタ-ンシップ 今年は2名の生徒さん

 2018年1月22日(月)より26日(金)までの弊社指定休日25日(水)を除く四日間の日程で静岡県立焼津水産高等
 学校
のインタ-ンシップが行われました。初日の22日は爆弾低気圧の影響もあり午後からは雨・風が強まり関
 東近辺では大雪警報が発令されておりました。そんな状況の中でも高校二年の2名の生徒さんは自転車にて元気
 出社?出勤?。若いって素晴らしいと声があちらこちら聞こえる中での実施となりました。
 今回の生徒さんは食品科学課に在籍している2名で井上日向太君・興津幸乃さんです。二人とも将来は食品関連
 の事務職や品質管理の分野で活躍を夢いている生徒さんです。弊社の事業内容がどこまで参考になるかは未知数
 ですが有意義な四日間になればインタ-ンシップに携わる弊社の社員も嬉しい限りです音符アイコン赤

s-DSC_1796
  スケジュ-ル表013
 1/22(月) 開校式・各部署事業概要説明・PMより各部署にて研修開始
 1/23(火) 終日、営業部加工部にて研修
 1/24(水) 弊社指定休日のため・・・学校にて自主学習
 1/25(木) 終日、本社冷蔵庫にて研修
 1/26(金) AM加工部にて衛生管理について PM営業部にて総括質問
 こんな感じのスケジュ-ルで行われました。

 今回のインタ-ンシップでは、弊社の担当者も各部署all新担当で臨みまし
 た。生徒さんに説明する事や教える事をまとめ、事前準備を行います。
 前任者に内容を確認して貰ったり、気が付いた点を加えたりして社員教育
 の一環としても価値のあることです。若手担当者の中には、先輩社員の言
 葉を自分のことのように受け止め、参考になる!と、どちらが生徒さんな
 のか分からない状態になっていました。そんなこんなの四日間でしたが、
 生徒さんを含め弊社社員にとっても有意義な時間となりました。
s-DSC_1833


s-DSC_1792 s-DSC_1841 s-DSC_1843
この期間中、説明を聞くことが多かったと思いますが、熱心にメモを取っておりました。

s-DSC_1874 s-DSC_1806 s-DSC_1869
男子生徒さんは現場での作業も社員に交じって積極的に行っておりました。

s-DSC_1816 DSC_1886 s-DSC_1889
本社冷蔵庫と大井川営業と異なるシステムの中で無難に業務にあたっておりました。さすが現代っ子!

s-DSC_1861 s-DSC_1856 s-DSC_1842
四日間に渡るインタ-ンシップの最後は「ギフトピッキング」です。手先の器用さが要求されますが、
ラベル貼りには悪戦苦闘しておりました。そして場所を変えて生徒さん達からの質問タイムとなりました。
担当者を悩ませるような質問に・・・しどろもどろの一面も! 教える側も良い経験ができました。


 生徒さん達にとっての(学校側)インタ-ンシップチェック
①社会に必要なものが分かる②仕事観・人生観の譲成③社会人との交流 などあげられます。

 受入をする企業側にとってのインタ-ンシップillust533
 ①前向きな学生・生徒さんと一緒に働きたい②採用のミスマッチの解消③社会貢献(地域に根ざす企業)
     ④若手社員の育成など
 
  今回のインタ-ンシップを通して「教える側に立って初めて労働者側の視点ではなく、経営する側の視点で
  会社を見ることができた」や「人は教わることよりもむしろ教えることで成長する」ことに気が付いてくれ
  たと思います。生徒さんが組織に加わる事によって、新入社員や若手社員も刺激され企業が活性化されたと
  思います。四日間と言う短い期間でしたが指導をした若手社員は大きな財産を得たことだと思います。


   インタ-ンシップは下記の通りです。

  2013.7 静岡県立島田工業高等学校編  
     2014.1 静岡県立焼津水産高等学校編

2014.7 静岡県立島田工業高等学校編
2015.2 静岡県立焼津水産高等学校編

  2016.1 静岡県立焼津水産高等学校編  
 2016.8 静岡県立藤枝北・島田工業高等学校編

2017.2 静岡県立焼津水産高等学校編