山松水産 マグロ水揚げ量全国No.1の焼津を拠点に、水産加工・販売・冷凍保管を行っております!

  • 山松水産とは
  • 会社概要
  • 事業案内
  • 極味の先へ
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ > 新着情報一覧 > マグロはどんな魚?

マグロってどんな魚?


マグロにはいくつか種類があり、クロマグロ、ミナミマグロ、メバチマグロ、キハダマグロ、ビンチョウマグロなど高級なものから庶民向けまで様々です。

クロマグロ(本マグロ)
マグロといえばクロマグロを思い浮かべる人が多いと思います。クロマグロは北半球を回遊しており、天然のクロマグロは高額なため一般のスーパーではあまり取り扱っていません。その肉質はマグロの中で最も深みがあり、脂質が多いのが特徴です。部位や脂の乗り方で、大トロ、中トロなどとと名前がつけられます。最 近では安い価格の養殖物もありこちらはスーパーなどでも扱っています。

ミナミマグロ(インドマグロ)
クロマグロと肩を並べる高級なマグロで、南半球で獲れることが名前の由来です。身は脂肪が多く、クロマグロ同様に赤身、中トロ、大トロがとれ、旨みが強く濃厚です。脂にも甘みがあり寿司ネタとして人気です。

キハダマグロ
キハダマグロの特徴は、背びれ、尾びれが黄色い点です。そこから「キハダ」の名前がつきました。漁獲量が多く、関西地方で人気があります。身の色は赤という よりもピンクに近い色をしています。また、身はマグロ類の中では脂肪の少ない部類に入ります。そのため寿司には不向きとされていますが、そのあっさりした 食感は刺身として人気があります。

メバチマグロ
メバチマグロの特徴は名前の通り目が大きいことです。同じ大衆的なマグロのキハダマグロが関西で人気を得ているのに対して、メバチは関東で人気を得ていま す。クロマグロやミナミマグロのような脂はありませんが寿司、刺身としての流通量が多いです。身は赤く、キハダより、コクがあります。

ビンチョウマグロ
ツナ缶など、加工品の材料としての消費が多い大衆的なマグロです。白色に近いピンク色の身が特徴で切り身を見ればひと目で分かります。刺身としても食され、脂のあるものはビントロという名前で出回っており人気です。


山松水産ではギフト用のマグロのネット販売を行っています。ぜひご利用ください!