山松水産 マグロ水揚げ量全国No.1の焼津を拠点に、水産加工・販売・冷凍保管を行っております!

  • 山松水産とは
  • 会社概要
  • 事業案内
  • 極味の先へ
  • よくある質問
  • お問い合わせ

研修生紹介

title

7月から長福丸水産さんから研修生として西川長徳さんが私たち加工部の仲間に加わります。
そこでこの研修について感じていることを聞いてみます。


s-DSCN8086




 
山松水産株式会社での研修が決まったときどのような気持ちでしたか?

今回の研修の話が来たのは突然で、おどろく時間、考える時間なんてなかったというのが本音です。ただ後々考えていく中で、魚の事や加工を知っていくには、聞いて学ぶよりも現場に出向き、目で見て実際に加工や営業を自ら体験することで、今後のためにより多くの知識、経験を得られたらいいなと思いました。たしかに知らない土地、現場、職場の人たちといった不安もありましたが、やる前から不安ばかり気にしていたら何にもならない、まずは行動あるのみということで研修を受けさせて頂きました。


実際に作業に入ってみてどうでしたか?

山松水産さんでの研修が始まり最初の1週間は、と言っても今もですが、右も左もわからず只々がむしゃらに指示通りに行動するといった感じでした。知らない職場の先輩達と打ち解けられるかといった不安、実際に商品や魚の加工に携わったことによる緊張と焦りで、普段かいたことのない量の汗をかきました。それでも疲れたというよりも、今日も1日頑張った、いい汗かいたという達成感が強く残っているのが印象的です。最初の1週間を過ぎると、先輩の皆さんとも話しやすくなり、気軽に声をかけてくれたり、励ましてくれたり、わからないことがあれば教えてくれたりと、今では緊張もいつの間にかほぐれ、肩の力も抜けてしっかり仕事に向き合えるようになりました。
 s-DSCN8122


s-DSCN8121





 
これからどうしていきたいですか?

やはり初めての仕事は何にしても大変なものだと思います。仕事の要領を覚え、自分の中に落とし込むことで自分のやり方を見つけ、ようやく仕事に向き合えるんじゃないかなと思います。だからまず、自分の中に先輩の皆さんが教えてくれた事を少しでも多く落とし込めるように頑張っていきたいと思います。また仕事以外でも、情報の共有や報・連・相、挨拶、朝のミーティング、感謝や人を思いやる気持ちなど、当たり前のことをしっかりできるように、そういった部分でも今後に活かすことができたらいいと思います。

ありがとうございました。最初の3ヶ月は加工部、その後は営業部での研修になります。短い間ですが、見て、聞いて、触れて、たくさんのことを吸収していってもらえたらうれしいです。一緒に頑張っていきましょう。